ガイドブックには載ってない。ベトナムホーチミンの穴場スポット【ロシアンマーケット】がディープで楽しい!

ベトナム

旅ライターの橋詰真紀です。

旅の楽しみにといえば、やっぱりショッピング!ベトナムホーチミンはお洒落で可愛い雑貨や洋服も多くて、見ているだけでも楽しいんですよね。

中でもほとんど日本人を見かけない穴場スポットといえば、『ロシアンマーケット』

日本のガイドブックには掲載されていない「ロシアンマーケット」ここがなんともディープで楽しかったので、ご紹介します。

中心市街地からタクシーで約5分ほど。タクシーの運転手さんに「ロシアンマーケット」っていえば、すぐ分かりますよ。中心の1区から歩いても15分程度です。

ロシア感ゼロな『ロシアンマーケット』

こちらが「ロシアンマーケット」。

ん?見た目、ロシアっぽいような絵はあるんですけど。

中に入るとロシア感ゼロ。いや普通の洋服の市場みたいな。

午前10時頃に行ってみたら、人はちょっとしかいないし。1年中暑い熱帯モンスーン気候のホーチミンなのに、なぜかここにはダウンやセーターなどの冬物もいっぱい。

え?ホーチミンの皆さんって冬物いつ着るの?って不思議に思ったりして。でも確かにベトナムホーチミンは年間を通じて暑い気候ですが、北のハノイとかに行くと冬場はダウンも必要なぐらいの気温にもなります。

 

某アウトドアブランドメーカーの製品が激安!

それにホーチミンの人達だって海外旅行で寒いエリアに行くことも当然ある訳で、当然冬物必要よね~なんて思いながら、「ロシアンマーケット」をプラプラ。

「ロシアンマーケット」んは某アウトドアメーカーのバッグや、スポーツウェア系も豊富。基本的はカジュアル系が多いかな。

ちなみにゴアテックス素材のジャケットがなんと2500円とか。あとはノース〇ェイスの薄手のジャケットが1,500円とかの激安‼️

「ロシアンマーケット」にあるものは、本物?!それともバッタもの?!

「ロシアンマーケット」では、あのメーカーやこのメーカーが、めちゃめちゃ激安!いやこれホンモノ⁇それともバッタもの??という微妙な疑問が浮かびます。

まぁよく考えてみると、日本に入ってきているメーカーのタグをよく見るとメイドインベトナムって、今すごく多いんですよね。

ベトナム人はとっても勤勉で、衣料品などの品質の高さも有名です。

となると…

タグとかを見ると、わざわざニセモノを作っているようにも見えないし、かといって値段は激安だし。

きっと工場からの横流しとかなんでしょうね~。そう思って購入しちゃいました。私ジムに行く時のスポーツウェアが欲しかったので、1枚500円でまとめて何枚か購入しました。

だって安いんだもん!

ちなみに値段もタグにちゃんと付いています。

なお「ロシアンマーケット」の商品は、すべて激安価格なのでディスカウントは全くできませんのでご注意下さいね。実際に値引きしてって、やってみたけど、全然ディスカウントしてくれなかった(笑)

 

でもノース◯ェイスとか◯ムートとか、リュックサックもバッグもどう見ても、素材も形もなんら変わらないっていうか。しかも2,000円ぐらいで買えちゃったりして。

よく韓国あたりの市場にある、ル◯ヴィトンのザ・ニセモノみたいな感じともまた違って、なんともクオリティが高いという。

うむむ。。。

よく考えてみるとブランドというロゴが付くだけで、もしかしたら金額がどーんと上がるだけなの⁈と思うと、なんとも複雑な気分。

ま、とにかくロシアンマーケットには日本人はあまり見かけないし、かなりローカルな場所なので話しのネタでちょっと行ってみてもいいですよ。

スポーツ系のウエアやグッズはとにかく激安です!興味のある人はぜひ。

TEXT/PHOTO 橋詰真紀

いいな!って思ったらポチって下さい。励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

 

 

日本で買えるザ・ノースフェイスの商品はこちらから。

created by Rinker
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥10,290 (2018/11/18 04:24:42時点 Amazon調べ-詳細)