【エアアジア】快適すぎるビジネスクラス プレミアムフラットベッドに実際に搭乗してみた!

海外旅行

旅ライターの橋詰真紀です。

旅行は好きだけど、飛行機のエコノミークラスに長時間乗るのって結構大変。できれば一度は飛行機のビジネスクラスに乗ってみた〜い!と思いませんか?

とはいってもビジネスクラスだと、例えば成田〜ハワイ便はいくら安くても往復20万円〜高ければ50万円オーバーとか。お値段もお高くて「私のような庶民には夢のような話し」なあんて思っていたんです。

でも格安航空会社のLCCのビジネスクラスを利用すれば、なんと憧れのビジネスクラスに片道3万円代?!とお得な価格で乗ることができるんですよ。

関連記事はこちら

エアアジアのビジネスクラス プレミアムベッドを利用してタイに行ってきました!

という訳で実際にエアアジアのビジネスクラスを予約。料金は成田空港~バンコク往復で79,150円(空港利用料等、諸費用込み)ビックセールにうまく重なればもうちょっと安かったかも?

でもビジネスクラスって考えたらかなり安いですよね。

そして2018年6月末から4泊5日でエアアジアのビジネスクラス「プレミアムフラットベッド」を利用して今回はタイに行ってきました。

このビジネスクラスが、めちゃめちゃ快適な空の旅だったんです!早速レポートしていきますよ。

成田空港第2ターミナルにあるエアアジアのカウンター

LCC=格安航空会社の多くは、最近新しくできた第3ターミナルに集中しています。第3ターミナルまでの移動は、ちょっと遠くて不便なんて声もあるのですが、エアアジアのカウンターは成田空港の第2ターミナルにあるので移動が少なくて楽チンです。

エアアジアのカウンターは、第2ターミナル南側の入口付近だいぶ端っこにあります。

カウンターにはたまたま2時間半前、かなり早めに到着したので空いてました。エアアジアのエコノミーのカウンターいつも結構混んでいるんだけどね。

ビジネスクラス プレミアムフラットベッドのカウンターは、エコノミーとは別になっています。この写真の一番奥。ネット上で予めチェックインも済ませておいたので受付もあっと言う間に終了。

エアアジアの荷物について

LCC=格安航空会社は普通の航空会社と荷物預かりについて、ちょっとだけ違う部分があるので説明していきますね。

機内持ち込み手荷物

エアアジアの手荷物は2個まで。

小さめのスーツケースならば高さ56㎝ x長さ 36㎝ x 奥行き23㎝以内で、座席の上の棚に収納ができるサイズのものならばOK。

他にはPC用バッグやハンドバッグ、リュックサック等1個

機内持ち込み手荷物の合計重量は7kgまでです。

エアアジアの受託手荷物

エアアジアなどのLCCでは、荷物のサイズや重量によって料金が追加されます。例えば受託手荷物20㎏まで、成田空港~バンコク往復で8,800円等。受託荷物があるならば、予め予約をしておきましょう。当日カウンターで支払う方が割高になってしまいます。

さらに帰国の際に荷物が増えると、超過料金が追加されるので注意が必要です。

エアアジアのプレミアムフレックス・フラットヘッドは受託荷物40キロまで無料

エアアジアのプレミアムフレックス(エコノミークラスで足元が広い席)とビジネスクラスのプレミアムフラットベッドだと、受託荷物(スーツケース)の重さは40キロまでチケットの料金に含まれています。

って事は現地でお買い物し過ぎちゃっても、40キロまでならばスーツケースの重量を気にしなくてもいいってことなのね。さすがプレミアム!

いよいよエアアジアに搭乗!

出国手続きを済ませて、いよいよ搭乗。いつもはエコノミーだから、あのビジネスクラスの優先搭乗ってのに憧れていたんですよね。「ビジネスクラスのお客様、小さなお子様をお連れのお客様から優先搭乗いたします」っていうアナウンス。

みなさんが並んでいる横を通り過ぎながら「はいはい、私ビジネスです!」的な。すでにそう思っているこの感じが庶民なんだけどね(笑)

エアアジアの【プレミアムフラットベット】はやっぱり広い!

キターーーーーー!プレミアム。広いよ、広いよ。笑えるぐらい広いよ !庶民の私、初めての飛行機のビジネスクラスに興奮が止まりません(笑)

しかも予約の際に一番前の席に指定したので、足元がめちゃめちゃ広っ!

シートベルト着用すると、雑誌が挟まれているポケットに手が届かん。。(汗)いや広すぎっしょ(笑)

エアアジアのプレミアムフラットベッドの機内サービス

機内サービスはこちら。ミネラルウォーターは、ひとり2本無料。ちなみにエアアジアはエコノミーだと飲食はすべて有料です。

おしぼりもくれた~。

ブランケットもペラペラしてない~。いつものエコノミーはペラッペラだけどね。

リクライニングも自由自在。ほぼフルフラットになるって感じかな。

ちなみにタブレットやイヤホンの無料貸し出しサービスがあるって思っていたのですが、客室乗務員のおねえさんに聞いてみたら「ない」って。あれ??まあいいか。自分のタブレットあったし。

エアアジアの機内食は微妙。。。 ビジネスクラスについている機内食はこんな感じ。ビジネスクラスのシャンパンが出てくるような機内食のサービスではありません。いいの、これはそもそもオマケみたいなものだって思っていたから気にしません。

 

バンコクまでは約6時間。フラットシートだからぐっすり眠れます💤おやすみなさい。

お得なLCCを利用して、ビジネスクラスに乗ってみて

今回初めてエアアジアのビジネスクラス プレミアムフラットベッドを利用して思った事。

それは。。。

飛行機の移動の疲れが少なーーーーーい!って事。

いつものエコノミーだと狭い機内の中に同じ姿勢で乗っているだけで、到着する頃クタクタになっている事も多いのにやっぱりこのシートだとかなり疲れは軽減されます。

いや正直めちゃめちゃ快適な空の旅でした。もうエコノミーに戻れないかも(笑)

特に機内サービスに期待せずに、移動の時間を快適に過ごしたいって方ならば、エアアジアのプレミアムフラットベッドは本当におすすめです。いつもよりもちょっとだけ、贅沢な気分にもなれますよ。

なお現在LCC=格安航空会社で、フルフラットシートを採用しているのはエアアジアだけ。あー他のLCCでもフラットシート増えるといいな~。

まだまだタイの旅は続きます。

TEXT&PHOTO/橋詰真紀

エアアジアのお得なチケットはこちらから

いいな!って思ったらポチって下さい。励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ